NEWS

セルフケア薬局 2020.11.05

JR東日本スタートアッププログラム2020の採択決定 | SD C株式会社

処方箋なしで病院の薬が買える『セルフケア薬局』を運営するSD C株式会社が、『JR東日本スタートアッププログラム2020』の採択企業に選ばれました。オンライン問診とセルフケア薬局を活用したスマート健康ステーションの実現に向け、2021年1月以降実証実験を開始致します。
 
処方箋なしで病院の薬が買える『セルフケア薬局』を運営するSD C株式会社(代表取締役 服部雄太、以下SD C)が、JR東日本スタートアップ株式会社(代表取締役社長:柴田裕)の主催する『JR東日本スタートアッププログラム2020』の応募242件の内、採択企業に選ばれました。
 
今後、JR東日本スタートアップ株式会社およびJR東日本グループと共に、オンライン問診と処方箋なし薬局を活用したスマート健康ステーションの実現に向け、実証実験を行っていきます。現在、駅ナカ2店舗の出店準備を行っており、2021年1月以降実証実験を開始していく予定です。
 
また、同プログラムでは2020年11月26日(木)にDEMO DAY(発表会)が開催され、SD Cが協業内容やテストマーケティング内容の発表を行います。
 

「セルフケア薬局」とは

 

処方箋なしで病院の薬が買える、日本初の零売(れいばい)薬局チェーンです。受診ができない方を対象に、薬剤師が体調やお薬の服用状況をヒアリングの行い、処方箋なしでの販売が認められた病院のお薬(※)を販売するサービスを提供しています。零売サービスを通し、受診できない方の健康支援、そして医療費削減を実現するため、店舗を拡大を行っています。
※病院で使用される医療用医薬品の内、約半数が処方箋なしでの販売が認めらています。

 
セルフケア薬局グループHP:https://selfcare-sdc.com/
 
「JR東日本スタートアッププログラム」とは
ベンチャー企業や様々なアイディアを有する企業から、駅や鉄道、グループ事業の経営資源や情報資産を活用したビジネス・サービスの提案を募り、ブラッシュアップを経て実現していくプログラムです。2017年度に初めて開催し、これまでに計63件の提案を採択。鉄道事業やIT事業など幅広い分野の実証実験を行い、一部の取組みは実用化にいたりました。なお、内閣府主催の2018年度第1回日本オープンイノベーション大賞において、経済産業大臣賞を受賞しました。
 
ニュース一覧へ戻る