NEWS

2021.07.16

弊社の零売薬局の取り組みについて、7月14日発刊の日経新聞に取り上げられました

7月14日掲載の日経新聞(電子版は13日)にて、GOOD AID株式会社(愛知県名古屋市)が取り組む、医者の処方箋なしで医療用医薬品が買える「零売事業」について取り上げられました。

記事内では、調剤薬局としてだけでなく、処方箋なしでお薬を販売する「零売」(※1)も行っているGOOD AIDグループの「おだいじに薬局尾頭橋店」が紹介されております。
(※1 零売(れいばい)とは、お薬の販売方法の1つです。処方箋を持たない方でも、医療用医薬品(病院で処方されるお薬)の一部を買うことができます。)

尾頭橋店には、昼間は仕事で忙しい会社員の方を中心に、手早く薬だけが欲しい方が多くご来店されており、こうした零売事業が、時間の無い方への利便性や、医療費の抑制にもつながることが記載されております。
また、紙面では、零売制度の仕組みについて紹介するとともに、代表の服部がGOOD AID株式会社を創業した「思い」や、今後の事業展開について紹介されております。

今後も、GOOD AID株式会社は、「ヘルスケアに新たな基準を創り続け、世界をもっとWell-beingに。」をvisionに更なる出店を加速させ、より多くの地域医療に貢献できる体制を構築して参ります。

【詳細記事】
▽【処方箋なしで病院の薬 GOODAID「零売薬局」を運営】
中部発スタートアップ点火 街の課題 事業で解決(電子版)
https://newswitch.jp/p/27471
(リンク先は会員限定記事となります)

【関連情報】
処方箋なしで病院の薬が買える零売薬局については、以下のコラムに詳細をまとめていきます。ご興味がある方は、コチラの記事も合わせてご覧ください。

処方箋なしで病院の薬が買える零売(れいばい)薬局とは?

ニュース一覧へ戻る